「イギリスにおける教育史研究の潮流―ジェンダー、トランスナショナリズム、エージェンシー」 ジョイス・グッドマン(ウィンチェスター大学、女性教育史センター)(Research Trends in British History of Education: Gender, Transnationalism and Agency)

Research output: Contribution to journalArticleResearchpeer-review

26 Downloads (Pure)

Abstract

要旨 本論は、女性のエージェンシーの捉え方への多様なアプローチを明らかにしている。女性の教育家や女性の教育、女性のトランスナショナルなアクティヴィズムについて歴史的に記述する際に、何を探ることができ、何を言うことができるかは、エージェンシーの捉え方によって変わってくる。このことは、エージェンシーは歴史を有しており、固定化された行動でもなければ、女性に特有の属性でもないと主張したジョーン・スコットの研究に依拠する。本稿では、私自身の著作を例に挙げながら、私が女性の教育やトランスナショナルなアクティヴィズムについて研究するなかで展開してきた解釈的なシェマにおいて、エージェンシーがどのように位置づけられるのかを考察する。それは、私がその時々で、さまざまな認識方法や理論的枠組みに依拠した量的・質的なアプローチから洞察を具体化してきたからである。私はエージェンシーについての私自身の道のりを明らかにする。すなわち、社会文化史につながる伝記的アプローチ、そのなかで援用した、アクティヴストが女性としての自己とどのように交渉するかについてのフーコー的理論によるアプローチ、女性のエージェンシーが活発化したり、妨害されたりする構造について考察するうえで助けとなるブルデュー的理論によるアプローチである。最後に私は、より新しい動向として、アッサンブラージュの概念に対応した研究におけるポストヒューマニスト的アプローチについて論じる。 This article traces different approaches to framing women’s agency that change what it is possible to see and to say in historical accounts about women educators, women’s education and women’s transnational activism. It builds on the work of Joan Scott, who argues that agency has a history and that agency is neither a fixed set of behaviours nor an essential attribute of women. In this article I use examples from my publications to reflect on how agency is located in the interpretative schemas that I have deployed while researching women’s education and transnational activism, as I incorporated insights at various times from qualitative and quantitative approaches based on different ways of knowing and different disciplinary frames. I trace my journey through biographical approaches linked to social and cultural history with an approach to agency that draws on Foucauldian insights about ways in which activists negotiate the self as female; through Bourdieusian approaches that facilitate consideration of the structures within which female agency was enabled to flourish, as well as the structures within which it was constrained; and I discuss my more recent move towards a posthumanist approach to agency in research replying the notion of assemblage.
Original languageEnglish
Pages (from-to)93-122
Journal西九州大学子ども学部紀要 = Journal of children's studies of Nishikyushu University
Volume6
Issue number8
Publication statusPublished - 31 Mar 2017

Keywords

  • Gender
  • Transnational
  • Agency
  • Women

Cite this

@article{716e923ad2be419d929eb7692ec43233,
title = "「イギリスにおける教育史研究の潮流―ジェンダー、トランスナショナリズム、エージェンシー」 ジョイス・グッドマン(ウィンチェスター大学、女性教育史センター)(Research Trends in British History of Education: Gender, Transnationalism and Agency)",
abstract = "要旨 本論は、女性のエージェンシーの捉え方への多様なアプローチを明らかにしている。女性の教育家や女性の教育、女性のトランスナショナルなアクティヴィズムについて歴史的に記述する際に、何を探ることができ、何を言うことができるかは、エージェンシーの捉え方によって変わってくる。このことは、エージェンシーは歴史を有しており、固定化された行動でもなければ、女性に特有の属性でもないと主張したジョーン・スコットの研究に依拠する。本稿では、私自身の著作を例に挙げながら、私が女性の教育やトランスナショナルなアクティヴィズムについて研究するなかで展開してきた解釈的なシェマにおいて、エージェンシーがどのように位置づけられるのかを考察する。それは、私がその時々で、さまざまな認識方法や理論的枠組みに依拠した量的・質的なアプローチから洞察を具体化してきたからである。私はエージェンシーについての私自身の道のりを明らかにする。すなわち、社会文化史につながる伝記的アプローチ、そのなかで援用した、アクティヴストが女性としての自己とどのように交渉するかについてのフーコー的理論によるアプローチ、女性のエージェンシーが活発化したり、妨害されたりする構造について考察するうえで助けとなるブルデュー的理論によるアプローチである。最後に私は、より新しい動向として、アッサンブラージュの概念に対応した研究におけるポストヒューマニスト的アプローチについて論じる。 This article traces different approaches to framing women’s agency that change what it is possible to see and to say in historical accounts about women educators, women’s education and women’s transnational activism. It builds on the work of Joan Scott, who argues that agency has a history and that agency is neither a fixed set of behaviours nor an essential attribute of women. In this article I use examples from my publications to reflect on how agency is located in the interpretative schemas that I have deployed while researching women’s education and transnational activism, as I incorporated insights at various times from qualitative and quantitative approaches based on different ways of knowing and different disciplinary frames. I trace my journey through biographical approaches linked to social and cultural history with an approach to agency that draws on Foucauldian insights about ways in which activists negotiate the self as female; through Bourdieusian approaches that facilitate consideration of the structures within which female agency was enabled to flourish, as well as the structures within which it was constrained; and I discuss my more recent move towards a posthumanist approach to agency in research replying the notion of assemblage.",
keywords = "Gender, Transnational, Agency, Women",
author = "Joyce Goodman",
year = "2017",
month = "3",
day = "31",
language = "English",
volume = "6",
pages = "93--122",
number = "8",

}

「イギリスにおける教育史研究の潮流―ジェンダー、トランスナショナリズム、エージェンシー」 ジョイス・グッドマン(ウィンチェスター大学、女性教育史センター)(Research Trends in British History of Education: Gender, Transnationalism and Agency). / Goodman, Joyce.

In: 西九州大学子ども学部紀要 = Journal of children's studies of Nishikyushu University, Vol. 6, No. 8, 31.03.2017, p. 93-122.

Research output: Contribution to journalArticleResearchpeer-review

TY - JOUR

T1 - 「イギリスにおける教育史研究の潮流―ジェンダー、トランスナショナリズム、エージェンシー」 ジョイス・グッドマン(ウィンチェスター大学、女性教育史センター)(Research Trends in British History of Education: Gender, Transnationalism and Agency)

AU - Goodman, Joyce

PY - 2017/3/31

Y1 - 2017/3/31

N2 - 要旨 本論は、女性のエージェンシーの捉え方への多様なアプローチを明らかにしている。女性の教育家や女性の教育、女性のトランスナショナルなアクティヴィズムについて歴史的に記述する際に、何を探ることができ、何を言うことができるかは、エージェンシーの捉え方によって変わってくる。このことは、エージェンシーは歴史を有しており、固定化された行動でもなければ、女性に特有の属性でもないと主張したジョーン・スコットの研究に依拠する。本稿では、私自身の著作を例に挙げながら、私が女性の教育やトランスナショナルなアクティヴィズムについて研究するなかで展開してきた解釈的なシェマにおいて、エージェンシーがどのように位置づけられるのかを考察する。それは、私がその時々で、さまざまな認識方法や理論的枠組みに依拠した量的・質的なアプローチから洞察を具体化してきたからである。私はエージェンシーについての私自身の道のりを明らかにする。すなわち、社会文化史につながる伝記的アプローチ、そのなかで援用した、アクティヴストが女性としての自己とどのように交渉するかについてのフーコー的理論によるアプローチ、女性のエージェンシーが活発化したり、妨害されたりする構造について考察するうえで助けとなるブルデュー的理論によるアプローチである。最後に私は、より新しい動向として、アッサンブラージュの概念に対応した研究におけるポストヒューマニスト的アプローチについて論じる。 This article traces different approaches to framing women’s agency that change what it is possible to see and to say in historical accounts about women educators, women’s education and women’s transnational activism. It builds on the work of Joan Scott, who argues that agency has a history and that agency is neither a fixed set of behaviours nor an essential attribute of women. In this article I use examples from my publications to reflect on how agency is located in the interpretative schemas that I have deployed while researching women’s education and transnational activism, as I incorporated insights at various times from qualitative and quantitative approaches based on different ways of knowing and different disciplinary frames. I trace my journey through biographical approaches linked to social and cultural history with an approach to agency that draws on Foucauldian insights about ways in which activists negotiate the self as female; through Bourdieusian approaches that facilitate consideration of the structures within which female agency was enabled to flourish, as well as the structures within which it was constrained; and I discuss my more recent move towards a posthumanist approach to agency in research replying the notion of assemblage.

AB - 要旨 本論は、女性のエージェンシーの捉え方への多様なアプローチを明らかにしている。女性の教育家や女性の教育、女性のトランスナショナルなアクティヴィズムについて歴史的に記述する際に、何を探ることができ、何を言うことができるかは、エージェンシーの捉え方によって変わってくる。このことは、エージェンシーは歴史を有しており、固定化された行動でもなければ、女性に特有の属性でもないと主張したジョーン・スコットの研究に依拠する。本稿では、私自身の著作を例に挙げながら、私が女性の教育やトランスナショナルなアクティヴィズムについて研究するなかで展開してきた解釈的なシェマにおいて、エージェンシーがどのように位置づけられるのかを考察する。それは、私がその時々で、さまざまな認識方法や理論的枠組みに依拠した量的・質的なアプローチから洞察を具体化してきたからである。私はエージェンシーについての私自身の道のりを明らかにする。すなわち、社会文化史につながる伝記的アプローチ、そのなかで援用した、アクティヴストが女性としての自己とどのように交渉するかについてのフーコー的理論によるアプローチ、女性のエージェンシーが活発化したり、妨害されたりする構造について考察するうえで助けとなるブルデュー的理論によるアプローチである。最後に私は、より新しい動向として、アッサンブラージュの概念に対応した研究におけるポストヒューマニスト的アプローチについて論じる。 This article traces different approaches to framing women’s agency that change what it is possible to see and to say in historical accounts about women educators, women’s education and women’s transnational activism. It builds on the work of Joan Scott, who argues that agency has a history and that agency is neither a fixed set of behaviours nor an essential attribute of women. In this article I use examples from my publications to reflect on how agency is located in the interpretative schemas that I have deployed while researching women’s education and transnational activism, as I incorporated insights at various times from qualitative and quantitative approaches based on different ways of knowing and different disciplinary frames. I trace my journey through biographical approaches linked to social and cultural history with an approach to agency that draws on Foucauldian insights about ways in which activists negotiate the self as female; through Bourdieusian approaches that facilitate consideration of the structures within which female agency was enabled to flourish, as well as the structures within which it was constrained; and I discuss my more recent move towards a posthumanist approach to agency in research replying the notion of assemblage.

KW - Gender

KW - Transnational

KW - Agency

KW - Women

M3 - Article

VL - 6

SP - 93

EP - 122

IS - 8

ER -